Cloud Image

Microsoft アカウントを登録する

ここでは Microsoft アカウントを登録する操作を紹介します。

Microsoft アカウントを既に登録して、持っている場合

Microsoft アカウントをすでに持っている場合は、ここをスキップして[Microsoft アカウントでサインインする]ページへジャンプします。

二つの登録方法

  1. 普段メール送受信に利用しているメールアドレスで登録する方法(お勧め)

普段メールの章受信に使っているメール アドレス、必要情報を入力して登録します。

Microsoft アカウントの登録方法のお勧め

普段メールの送受信で使用しているメール アドレス(A)を、Microsoft アカウントに登録して使用するのがお勧めです。その理由は、Microsoft アカウントとして設定したメールアドレスには、Microsoft のサービスに関する情報がメールで送られてくることがあります。そのために通常使用しているメールアドレスとは別のアドレス(B)を Microsoft アカウントに設定した場合は、メールソフトにメールアカウント(B)を追加してサービス関連のメールを受信できるように設定する必要があります。

こうした追加の設定をする必要が無いのが、通常メールの送受信に使うメールアドレス(A)をMicrosoft アカウントとして使用する場合です。メールの受信はすでにできる状態なので、メールソフトへの追加設定は必要なくなります。登録してすぐに使用できます。 

メールアドレスをアカウントIDとするとき、パスワードはどうするの・・・?

通常のメールの送受信に使うメールアドレスを、Microsoft アカウントの ID としても使う場合、Microsoft アカウントに使うパスワードは、メール送受信用にプロバイダーが設定したパスワードと、かならずしも同じである必要はありません。

Microsoft アカウントのパスワードは、登録時に自由に設定できます。

  1. メールを新規作成して登録する方法

@outlook.com や @outlook.jp などの新しいメールアドレスを作成し、必要情報を入力して登録します。

ここでは、1.の「普段メール送受信に利用しているメールアドレスで登録する方法(お勧め)」を執ります。

Microsoft アカウントを新規登録する

Microsoft アカウントの新規登録の操作は、ローカル アカウントでサインインしているパソコンで行うこと。Microsoft アカウントでサインインしているパソコンで操作すると、予定通りの画面になりません。

➊ ブラウザで Microsoft アカウントの登録手続きのページを開く

Microsoft アカウント登録手続きページ:

「Microsoft アカウント登録手続き」ページが開く


➋[普段利用している電子メールアドレスを利用する方法]を選択する

msa02:Microsoft アカウント登録手続き
msa02:Microsoft アカウント登録手続き

[Microsoft アカウント登録手続き]ページが開く


➌[Microsoft アカウントの新規作成]をクリックします

msa03:「Microsoft アカウントの新規作成」をクリックする
msa03:「Microsoft アカウントの新規作成」をクリックする

ここで「サインイン」ページが開く場合は ❹ へ、

「アカウントの作成」ページの場合は ❺ へ移動する


❹ 現在の Microsoft アカウントのパスワードを入力し「サインイン」する

msa09:「サインイン」画面
msa09:「サインイン」画面

なぜここでサインインを求められるか?

「プライバシーにかかわる情報にアクセスしようとしているため、パスワードを確認する必要があります。」と表示されます。現在すでに Microsoft アカウントでサインインしているパソコンで、新たに Microsoft アカウントを作成しようとしているので、そのことを確認する意味があるようです。

この画面が出て、求められているパスワードを入力しても、「アカウントの作成」画面には進みません。一旦操作を中止し、ローカルアカウントに切り替えてから操作をやり直します。

ローカルアカウントに切り替えてから操作をやり直す


➌ からの続き、「アカウント作成」ページが開く


「アカウントの作成」ページが英語で表示される場合

「アカウントの作成」ページが英語で表示される場合は、ページ最下端に表示されている「English (United States)」をクリックします。Language(言語)選択の小窓が出るので、そこで「日本語 - Japanese」を選択し[Save(保存)]をクリックします。日本語表示に切替わります。

❺ 氏名を入力し、既存のメールアドレスを[ユーザー名]に入力する

msa05:「アカウントの作成」画面で「ユーザー名」を入力する
msa05:「アカウントの作成」画面で「ユーザー名」を入力する

アカウント名(姓名)ユーザー名

Microsoft アカウントの場合、この二つの区別が紛らわしい。登録する時にこれらをどのように入力しているかを、上の図を見て振り返ると判別はつくのであろう。しかしユーザー名は、単一無二のメールアドレスを使用することから個々を識別するもの。一方、「姓」「名」として入力するものは Microsoft アカウントの表示名として使われる。

ユーザー名は間違っていても受け付けられます

ここで入力するユーザー名は、単一無二のものであれば、スペルが違っていても受け付けられてしまうので入力には注意しましょう。

❻[パスワード]、[国]、[生年月日]、[性別]を入力する

msa06:「アカウントの作成」続き
msa06:「アカウントの作成」続き

Microsoft アカウントのパスワード

Microsoft アカウントのユーザー名として普段使用しているメールアドレスを使いますが、そのパスワードは、メール送受信に必要なパスワードとしてメールのプロバイダーが設定したパスワードと同じである必要はまったくありません。Microsoft アカウント用の専用パスワードとして別なものを設定しましょう。

❼[電話番号]、[入力者確認文字]を入力し[アカウントの作成]をクリックする

msa07:「アカウントの作成」続く
msa07:「アカウントの作成」続く

入力した内容を確認する画面が開く


❽[メールアドレスの確認]をクリックし、アドレス確認のステップを始める

メールアドレスが本人のものであることを証明するためにそのアドレスを確認するステップをスタートします。

「お使いのメールアドレスは本人確認が済んでいません。」に続く[メールアドレスの確認]をクリックします。

ph08:「メールアドレスの確認」
ph08:「メールアドレスの確認」

❾ 使用しているメールアドレスを確認し、[メールの送信]をクリックする

ph09:メールアドレスの確認
ph09:メールアドレスの確認

「次のメールアドレスに確認メールが送信されました」、と表示される。


ph10:メール送信の確認メッセージ
ph10:メール送信の確認メッセージ

メールアドレスの受信トレイに「Microsoft アカウントチーム」から「お使いのメールアドレスの確認」メールが届きます。


メールが見つからない場合は、迷惑メールフォルダー(トレイ)を確認しましょう。

❿ 届いたメールを開き、[ご登録いただいたメールアドレスの確認]をクリックする

ph11:メール
ph11:メール

「確認できました」のページが開く


⓫[OK]を押す

ph12:メール
ph12:メール

Microsoft アカウントは有効となりました。


[Microsoft アカウントでサインインする]ページへ移動します。

「Microsoft アカウントの登録」は以上です。

流れ図へ戻る

登録した Microsoft アカウントを変更したい

アカウント名の変更

ユーザー名(メールアドレス)の変更

エィリアスの追加

連絡用メールアドレスの変更